sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

Marcaチラ見:カシージャス「ブッフォンを尊敬している」

EURO2012決勝を目前に控えたラ・ロッハ主将イケル・カシージャスがオンダ・マドリッドに語りました。
a0003218_1447433.jpg

◆イタリア代表GKブッフォンについて
「ブッフォンのことを称賛している。最も尊敬している。34歳で世界最高峰のレベルにいる卓越したゴールキーパーだ。我々のような年下のキーパー達はブッフォンを手本にし、彼のようになりたいと思っている。我々はよい関係にあり、彼と対戦するときはいつも喜びを感じる」

◆対戦相手がイタリアに決まって
「最終的に、EURO2012の開幕で対戦した相手と閉幕に際して再びあいまみえることとなった。ドイツでも、イタリアでも僕は構わなかった。いずれも独自のサッカースタイルがある非常によい対戦相手だと思った。イタリアは我々に困難を与える危険な相手だ」

◆クロアチアとのグループリーグ最終節でクロアチアと引き分け協定を結ばずにクリーンなゲームをしたことについて
「引き分けを画策したことは一瞬たりともない。我々のプロフェッショナル精神とはそういうものだ。クロアチアにスペインは勝ちたかった。苦しめられ、我々が予選落ちする可能性を感じる瞬間もあった。我々が考えていたのは勝つことだった。我々はこれまで誠実にやってきた」

◆スペイン代表の歴史の最も重要で輝かしい瞬間にいる今のチームだが、批判を受けるスペースもあったことについて
「スペイン人はそういうものだ、どんなにいいものを持っていても嘆いたりするのが常なんだ」

◆決勝について
「今回のEUROは4年前とは異なるものになるだろうと我々は折に触れて言ってきた。我々は(サッカーの)世界レベルの参考となっている。この状態が長く続くことを期待しているが、これは一つのサイクルで、次を支配する代表チームも現れるだろう。(他のチームにとって)我々は負かすべきライバルであり、常に我々について話している。重要なのは我々が決勝に臨むこと、そして4年前のタイトルを守ることだ」

「(連覇まで)最も重要な一歩が残っている。このチームと選手達によって、我々はスペインサッカーの最も美しい時期にいる。我々は決勝に臨むが、ここまでは思っていたより簡単ではない道のりだった。サッカーの世界最高峰に君臨したこの4年を経て、対戦相手たちが我々に異なる形で仕掛けてくるのは当然のことだ」
a0003218_14512289.jpg

日曜日の決勝が素晴らしいゲームになりますように☆
Y vamos por el segundo titulo consecutivo!
[PR]
by benny_nieve | 2012-06-30 14:51 | Futbol
<< Marcaチラ見:シャビ「多く... イベリアダービーMVPはラモス... >>



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism