sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

ビジョレシピ(31)鶏と茸のテリーヌ

先日ホムパに持って行くために作ったテリーヌのレシピ。

少し前に伊勢丹で買って冷凍保存しておいたジロール茸をたっぷり使ったので、この季節らしい、ちょっと贅沢な感じに仕上がりました。

Dイソーで見つけたシリコンパウンドケーキ型がけっこう使えます。一般的なパウンドケーキ型の半分くらいのサイズです。
下記のレシピ分量で、そのシリコンモールド2台分となります。

テリーヌは作ってすぐは食べられないので、できれば食べる前日に作ることをおすすめします。どんなに遅くても半日前には冷やす作業に入れるようにしましょう。

材料:
茸 合計で250-300グラム。今回はジロール茸とマッシュルームを使用。
鶏胸肉 300グラム。細かめに刻んでおく。
玉ねぎ みじん切りで1/4個分くらい。
卵 全卵1個+卵白1個分
フレッシュハーブ。あればエストラゴン。今回はタイムを使用。
生クリーム 100cc
塩 あればトリュフソルト、なければ普通の塩。上記材料の合計重量の1.0%前後、濃淡は好みで
ホワイトペッパー 少々
バター 適量
マデラワイン 適量

ソース
生クリーム 適量
粒マスタード 適量
マデラワイン 適量

作り方:
1. 玉ねぎとバター少々をレンジで加熱する。2分くらいで、様子を見ながら間をおいて少しずつ、透き通って良い加減の状態になるまで加熱。粗熱を取っておく。
2. 茸類は刻んでバターでソテーする。粗熱を取っておく。
3. 鶏胸肉と卵、生クリーム、1の玉ねぎをバーミックス、フードプロセッサーなどで滑らかになるまで混ぜる。
4. 3をボウルに移して、2の茸と、刻んだフレッシュハーブ、塩、胡椒、マデラワインを加えて混ぜる。
5. 型に流し込み空気を抜いて、加熱。本来ならば湯煎でオーブンですが、うちは現在オーブン故障中につき、圧力鍋で加熱しました。水滴防止のためにアルミホイルをかぶせて、底にお湯を張って、台に載せて、シュッシュし始めた時点から7分加熱、火を止めてからしばらく置きます。鍋から出して粗熱が取れたら、型に入れたまま冷蔵庫で冷やします。

(以下は食べる当日に作業)
6. ソースは、8分立ての生クリームに、粒マスタードとマデラワインを好みの量加えます。
7. よく冷えたテリーヌを切り分けて、ハーブ、葉物野菜とソースを添えます。泡、白ワインなどと共に♪

作ってみて思ったこと:
・旬の季節に良い茸を見つけたら、冷凍保存をおすすめします。このテリーヌにおけるジロールのシゴトは半端なかったです。
・フランス語でレシピを検索すると、ハーブはエストラゴンが主流のようです。タイム代用でも美味しくできました。
・マデラワイン以外の酒精強化ワインでも作れると思います。テリーヌ本体には白ワインも代用可能、ソースならコアントロー、グランマルニエも合うと思います。ソースのお酒はアルコールを飛ばさずに加えるので、分量にご注意。

しばらくブログを放置していましたが、そのうちまたぼちぼち書きます。
基本的に、相変わらずお友達やそむりえるツカテュとワインを飲んで、たまに美味しいお店に行って、そしてリーガを観ています。

皆さま、良いクリスマスをお過ごしください☆
[PR]
by benny_nieve | 2013-12-23 14:08 | ビジョレシピ
<< El Mundoチラ見: Ad... 最終節@とく山 >>



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism