sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

玉山支所前食堂 ホルモン鍋 : ガイドブックにのらない盛岡裏メニュー 

この週末、盛岡に2泊3日で行ってきました。
菊の司酒造の新酒利き酒会、スキー&温泉@雫石、小岩井雪まつり、グルメを楽しむ最強の盛岡ウインターツアーをしよう!という企画です。
参加者はグルメなIT美女2人とわたくしの3名。

今回のツアーのグルメカテゴリの目玉が掲題の玉山支所前食堂
地元グルメの間では通称「シショマエ」で知られています。2月11日、ここのホルモン鍋を父がテイクアウトしてきてくれました。

a0003218_21451218.jpg

       ↑シショマエの入口(06年正月撮影)

a0003218_21454328.jpg

       ↑看板豚 2匹います

今年1月から盛岡市に合併した旧玉山村にある一見フツウなこの食堂はホルモン鍋が人気で、車なしでは絶対に行けないような立地にも関わらず、遠方からの客が耐えないという、なにげにスゴイ店。人気メニューなので、数日前に電話予約を入れたら、「忘れてしまうから、日にちが近くなったらまた電話してくなんせ」と、拍子抜けするような答えが返ってくる、何とものんびりしたお店なのです。

というわけで、当日の朝お持ち帰りで5人前再予約を入れました。
(18時閉店なので夜は必然的にお持ち帰りとなります)
ビニール袋に、ホルモン、キャベツ、お豆腐の順に重ねて入れてくれるので、お鍋の上でビニールの底をハサミで切ると鍋に具材全てがセットできるという便利なパッケージングになっています。

ホルモン、キャベツ、お豆腐をにんにくが効いたやや甘めの醤油ベースのスープで煮込むのですが、モツのコクとキャベツの自然な甘みが溶け合い、何ともいえない深く優しい美味しさです。うちでは仕上げに韓国産の唐辛子をぱらぱらふりかけて、ちょい甘辛な味付けで食します。
ちょっと行儀が悪いけど、炊きたての白いご飯にかけて食べてもまた病み付きになりそうな味わい。

a0003218_21474242.jpg

       ↑ホルモン鍋できあがり♪

柔らかく煮込まれたキャベツの下には秘伝のタレで味付けされたホルモンがたくさん隠れています。

モツでコラーゲン、キャベツで食物繊維、お豆腐でイソフラボンをチャージできるので、美肌効果も期待できそう。お酒との相性もよく、ビールや日本酒はもちろん、赤ワインなどにも合います。

写真は3人前を直径約30cmの土鍋で煮込んだもの(すでに野菜のかさが減った状態。キャベツの下には柔らかいモツがどっさり)ですが、しっかりボリュームがあって、1人前たったの550円。お店で頼むと、ご飯がついて1人前700円。コストパフォーマンス抜群の、懐もあったかーいお鍋です。

盛岡名物といえば、盛岡冷麺、じゃじゃ麺などがメジャーですが、玉山支所前食堂のホルモン鍋は地元の人々の間ではメチャ高評価の隠れ名物です。
盛岡の松園地区、米内地区の奥まった辺りに位置し、結構行きにくい場所にあるのですが、機会があったらぜひ、たくさんの人に召し上がってもらいたいです。
発送は残念ながら現時点ではたぶん無理ですが。。。岩手にお越しの際は足を伸ばしてみる価値大です。
[PR]
by benny_nieve | 2006-02-13 21:47 | 盛岡&岩手グルメ
<< 盛岡 「寿し利」 寿司屋のサン... 盛岡冷麺 どれが好き? >>



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism