sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

Marcaチラ見: レアル・マドリッド危機脱出 ベッカムは観客席

リーガ・エスパニョーラ第18節 レアル・マドリッドvsサラゴサ

「もうこれ以上の失点は許されない」と堅い決意でエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウのピッチに立ったエキッポ・ブランコ。
今回は気合が違います。
イグアインが初の連発スタート。他にもガーゴ、ミゲル・トーレスがスターティングメンバーに入るなど、新生レアルというかんじの顔ぶれ。
前半早々、キャプテン・ラウールがケガでロビーニョと交替。
心配になりましたが、今日のレアルは見違えるような動きで、冴えていましたね。
前節セビージャに勝って絶好調のサラゴサもなかなか決定的なシゴトができないほど。

前半終了間際にイグアインからのパスでファン・ニステルローイが先制点を決めて、後半はそのまま逃げ切り1-0で勝ち、危機をひとつ乗り越えました。
まあまあよかったです。75点くらい?
後半はレジェス、ファン・ニステルローイ、デ・ラ・レッド、ロビーニョetc. 再三ゴール前でチャンスが訪れたにも関わらず、得点には至らず。
サラゴサのプレーもなかなかよかったので、最後まで気の抜けない試合でした。
マドリディスタ的には、後半2点目、3点目がほしかった。。。

イグアインってなかなかいーかも ちょっとシュートをスカして照れていた赤っ恥シーンもあったけど、それ以外はなかなかの活躍ぶりでした。

ベッカムは観客席からケナゲに観戦。
カペッロ監督のキツイ戦力外通告の後も、チームをおもんばかる気持ちがあるのでしょう。。。
でも、やはり今後の出場はなさそうです。
ベッカムは、レアル・マドリッドに話さずに自分サイドでLAギャラクシーとの契約にサインしちゃったそうです。
移籍そのものが悪いのではなく、ベッカムの出し抜き行為について、カペッロ監督一人の決定ではなく、クラブの合意として、戦力外通告を出した。。。というわけです。
ベッカムも、もっと気持ちのよい去り方ができただろうに、と思ってしまいます。

ロナウドにいたっては、スタジアムにも来ていませんでした。
もう数日練習していないし、こちらも立つ鳥跡を濁さず、というわけにはいかない模様。

ところで、カンナバーロは12月にFIFA最優秀賞を受賞したのに、レアルが敗戦続きだったおかげで、セレモニーが延期になっていたそうです。
やっと祝ってもらえるんじゃない?
今日の試合ではめいっぱい体張って、本当にお気の毒でした。。。カンナバ郎兄さん アイタタタ
[PR]
by benny_nieve | 2007-01-15 12:07 | Futbol
<< Marcaチラ見:カシージャス... Marcaチラ見: ラウール「... >>



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism