sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

Marcaチラ見: ロナウド750万ユーロ也

ロナウドのレアル・マドリッド→ACミラン移籍は、推定750万ユーロで契約成立。
双方のクラブの提示額のちょうど中間の数字で妥結しました。
お手ごろ価格?
契約期間は2008年6月30日までとのこと。

クラブのコメント要約
「ロナウドはレアルマドリッド在籍中、栄光の背番号9として、104ゴールという輝かしい記録を残した。クラブやファンにとって忘れられない偉大な選手として名を刻まれるだろう。彼の活躍に感謝の意を示すとともに、今後の活躍、幸福を願ってやまない」

カペッロのコメント
「ACミランでの幸運を祈っている。偉大な選手になってほしい」

ロナウドのコメント
「レアルを去ることは悲しい。4年半もいたから、我が家のように愛着がある。心が裂けそうだけれど、これが人生というのもだ。支えてくれたファン、チームのみんな、ここで出会ったすべてのトレーナーに感謝している・・・ある一人を除いては」
「(メディアなど)いろいろなことを言われたけれど、いずれの監督との間にも軋轢はなかった。(カペッロは)僕を望まなかったが、一方で僕はプロだから、やっぱりプレーがしたい。だから他に行くしかなかったんだ」
「この3ヶ月、メディアには一切話をしなかった。それをいいことに、メディアは僕の口から出た悪口であるかのように『カペッロは鬼だ』とこぞって書きたてた。実際のところはすべてうまくいっていた。最後の時期はとても悲しかったんだ」

ロナウドは、最後けっこうしゃべりましたね。
レアル・マドリッドに対して、実際愛着もあっただろうし、カペッロのことも決して毛嫌いしていたわけではなかったんだろうけど、カペッロとうまくコミュニケーションをとれず、もどかしさを感じていたのかも。使ってもらえない以上、サッカーを続けるためには外に行くしかない、というプロとしての決断も、ある意味苦渋の選択だったのかな。。。
そんなジレンマがにじみ出ている発言だと思いながら記事を読みました。

実際、数年前にロナウドと仕事で会ったときも、ロナウドは他の選手に比べても、人間関係においては不器用そうな印象を受けた記憶があります。

ベッカム、ロナウドの移籍で「銀河系集団」というニックネームが、本当に過去のものになったような気がします。
タイトルに恵まれないまま、マボロシ的なフェイド・アウト。。。

顔ぶれがぐっと入れ替わり、今後はどんなレアル・マドリッドになるのでしょうか。
過渡期真っ只中ですが、今後に期待。
[PR]
by benny_nieve | 2007-01-31 07:17 | Futbol
<< 美肌に効く! すっぽん料理 田吾作 TOKYO Winter Re... >>



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism