sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

Marcaチラ見:バルサ撃沈、ヘタフェ歴史的圧勝で国王杯決勝へ

a0003218_1125329.jpg
スペイン国王杯準決勝でバルサが0-4でヘタフェに完敗。
ヘタフェといえば、数週間前にメッシがマラドーナの1986年伝説ゴールを再現したあの試合でバルサにコテンパンにやられてしまったのですが、、、シュスター監督は2度はやられないところがスゴイですね。
メッシはこの試合には出ませんでした。ジュリとサビオラが出場。

ヘタフェのシュスター監督は、少し前はレアル・マドリッドのカペッロ監督の後任候補、今はアトレティコ・マドリッドのアギーレ監督の再来年の後任(アギーレ監督は来季続投が決まったらし)の候補としても名前が挙がっています。
この歴史的勝利で、監督としてのバリューもさらにアップするのでしょうね。。。
シュスター監督は試合後「監督として最高の日。チームを誇りに思っている」と喜びのコメントを残しています。

以下はバルサの敗戦コメント。

ライカールト監督
「言い訳の余地はない。わたしにとっては今季の試合の中では最も苦しい戦いの1つだった。序盤からバルサは何もできなかったし、苦しい展開になった。今夜バルサは非常に悪い印象を与えてしまった」
「いつもながら、責任をとるべきと感じている」
「チームをいい方向に再生させなければならない。これまで通りプレーを続けるのみだ。文句は言えない。ヘタフェはこの勝利を得るに値するチーム。この敗戦をバルサは乗り越えなければならない。簡単ではないが、負けるときは負ける」
「敗退を恥とは思っていない。しかしバルサのソシオ(サポーター)には失望させてしまい申し訳ないと謝りたい気持ち。非常につらい」
「自分のこれまでの人生でもこれほどつらい負け試合はない。今シーズンをいい形で締めくくれるよう、今後も鍛錬を続けるのみだ。0-4のスコアになったとき、悪夢のような夜が訪れたと(バルサ陣営の)誰もが思った」


キャプテン・プジョル
「チームのコンディションはひどかった。ヘタフェにもう何点かとられてもおかしくなかったほど。ヘタフェの力はバルサを圧倒的に上回っていた」
「バルサはこのままではないということを示す原動力にしたい。今日の試合でまったく無能だったことが悔しい」
「明らかにバルサが優位だったはず。だがプレーでそれを示すことができなかった・・・国王杯決勝進出を期待していたバルサファンに申し訳ない」
「バルサは次のページに進まなければならない。今後はリーガにさらに注力する。リーガが僕らに残った最後のコンペティション。死ぬ気で戦わないと」

[PR]
by benny_nieve | 2007-05-11 12:12 | Futbol
<< Marcaチラ見: レアル・マ... Marcaチラ見: ACミラン... >>



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism