sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

Marcaチラ見: 34節試合後のレアル・マドリッドインタビュー

34節のレアル・マドリッドインタビュー。

●キャプテン・ラウールのコメント
「とても重要な勝利を手に入れた。この試合の勝利で、リーガ優勝の夢が見えてきた。バルセロナ次第ではあるけれど、レアルが首位になった。最終節まで全試合勝つ気で臨むよ」

「簡単ではないが、(2点ビハインドからの逆転は)美しい勝ち方だ。ハーフタイムに相手に突かれた自分たちのミスを分析した。そして後半早いタイミングに点を取ってレアルは反撃を開始した。どこで試合が決まるかまったくわからなかったが、イグアインの(後半終盤の)ゴールにたどりついた。あの値千金の勝ち越しゴールはイグアインの頑張りの賜物だった」

「スタンドのサポーターが試合を楽しんでくれているのをピッチで感じた。白いユニフォームを着ていることを誇りに思う」

「(今日の)功績はよかったが、僕らは次節レクレアティーボ戦で勝つことを考えなければならない。勝ってレアルは一歩前進した。明日のバルサの結果を待たなければならない。バルサはヘタフェに大敗を喫して今節に臨むが、偉大なクラブは失敗の後には行動してくるものだ。レアルは今のところ(負けられない終盤戦を勝ちぬくミッションを)達成できている」

●ファビオ・カペッロ監督のコメント
「エスパニョール戦で選手達は逆転という偉業を成し遂げた」

「非常に満足。このチーム(レアル)はわたしの好きなキャラクターを持っている。奪回し、結果を出す意欲にあふれたチームだ。エスパニョールのようないいチーム相手に、レアルの選手たちは大きな功績をあげた。エスパニョールの3ゴールで、われわれを窮地へと追いやられた」

カペッロ監督は後半グティ、シシーニョに替えてレジェス、エルゲラを登用したことの重要性を強調。

「グティは内転筋に違和感を持っていたので、1-3でリードを許していた状況に変化を起こせる交替を考えた。交替もスピリットがなかったなら、何ら効果のないものになっていただろう」

「今のところはライバルたちに勝てる自信を持っているが、逆の立場といつも背中合わせだし、期待と反対のことが起きることもよくあるものだ。勝利の幸福はいいことだが、それは働くことなしには得られないものだ。われわれにとっては一試合一試合が最終節。バルセロナを追う立場なので勝ち点の取りこぼしはできない。冷静に、結果を見つめなければならない」

「今日のような逆転は簡単ではないし、そうそうあるものでもない。今日はスタンドの応援に助けられた。(ファンとのよい関係は)大切なこと」

「運がいいのも重要な要素の一つ。しかしわれわれのやっている全てのことはカジノではないので、努力なしには幸運は後押ししてくれない。それは選手、テクニカルチーム、ドクターチーム全てに言えることだ」
[PR]
by benny_nieve | 2007-05-14 01:20 | Futbol
<< Marcaチラ見:バルサ失速&... Marcaチラ見: レアル・マ... >>



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism