sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

Marcaチラ見:メッシドーナ「神の手」&タムード執念の同点弾

リーガ・エスパニョーラ第37節 バルセロナvs.エスパニョール
バルセロナ・ダービー。


前節レッドカードをもらったロナウジーニョは欠場。試合を観にも現れなかったらし。

立ち上がりはバルサペース。ものすごい気迫で攻めます。
しかし30分、デ・ラ・ペーニャのノールックパスからタムードが先制。
直後にサラゴサがレアルに先制したというニュースが入り、カンプ・ノウが沸きます。(今節はほとんどの試合が同時間にキックオフ)
43分メッシがヘディングでゴール。。。でもスローで見ると明らかにハンド。納得いかない判定にエスパニョールの選手が猛抗議するも、判定は覆らず。
「マラドーナ2世」「メッシドーナ」と言われ、マラドーナの伝説ゴールを再現してみせたメッシですが、「神の手」までも再現してしまいました。

引き分けで折り返し、後半11分デコ→メッシで勝ち越しゴール。
直後にレアルが追加点を入れ1-1になったとのニュースが入ります。
しかし、少し後にサラゴサが追加点を入れたとのニュースが流れ、カンプ・ノウがノッてきます。
追加点がほしいバルサはその後も攻めつづけますが、ゴールには至らず。
レアルが1点ビハインドなので、カンプ・ノウは目前に迫った優勝に酔い歓喜の歌声が流れ始めます。
後半終了間際、レアルが2-2の同点に追いついたという一報が入り、そのわずか数秒後!
タムードがルフェテからのパスを受け、同点ゴールを流し込み、バルサも同点に追いつかれてしまいます。
これでカンプノウの雰囲気は一転。

今シーズン最後のホームゲームでバルサは目前の勝ち点3を逃し、イタイ引き分けに終わりました。
レアルもバルサも今節は引き分けで勝ち点1。といっても、ロングホイッスルが鳴った瞬間の両チームの雰囲気はじつに対照的でした。
というわけで、リーガ優勝争いは最終節へ持ち越しです。
[PR]
by benny_nieve | 2007-06-11 04:00 | Futbol
<< Marcaチラ見:ラウール「苦... Marcaチラ見: レアル辛く... >>



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism