sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

Marcaチラ見:ラウール「苦しんだが、ホームで優勝を祝えるだろう」

37節サラゴサ戦の試合後のレアル監督・選手たちのコメントをピックアップ。

● カペッロ監督
「(上位3チームが引き分けに終わり)サラゴサ戦は稀な試合だった」
「立ち上がりがあまりよくなかったが、ハーフタイムを折り返してからよくなった。前半はまとまりがなかったが、後半は取り戻した。ピッチでは勝ちたいという意欲とハートとチームのスピリットがよく表れていた」
引き分けの結果は「セサル・サンチェスのファインセーブにふさわしい結果だった」と強調。
37節の結果は「満足」しており、ロッカールームは「いいムード」だったとのこと。

● キャプテン ラウール
「今節の結果によって、望んでいた通り自分達自身が優勝の決定権を握った。苦しかったけれど、ホームでリーガ優勝を祝えるならとても素敵なことだ」

● バロンドール カンナバ郎氏
「(レアルが同点に追い付き、バルサが土壇場で追いつかれ、両者引き分けに終わった偶然の一致について)信じられないよ。だがサッカーにこのようなことはつきものだ。

● レアル10年選手 ロベカル兄さん
「レアルのほうがゴールチャンスをたくさん作った。しかしサラゴサの善戦に苦しめられた。ディアラのヘディングで勝てたかもしれないが、引き分けはポジティブな結果だ。タムードには感謝している。UEFAカップ決勝進出、バルセロダービー引き分けなど、エスパニョールは今季すばらしい活躍をした」

● サブキャプテン グティ
「バルサの引き分けは僕らをほっとさせた」「大変な試合だったが、最後はポジティブな結果を手に入れた。
(優勝がかかった)最終節はいよいよホームスタジアムだ」

● 守護神 イケル・カシージャス
リーガチャンピオンのタイトルを獲るには「慎重さと冷静さ」がなくてはならないと話すイケル。
「残りの1試合をいつもどおり戦い、勝利を実現するためにメンタルを整えなければならないから、僕ら選手たちは慎重になっている。タイトルの行方は僕ら自身にかかっているが、だからこそ平常心でプレーを続けなければならない」

● 攻守に優れたDF セルヒオ・ラモス
「全力で向かってくるライバルと必死に戦った。サラゴサでの僕らの目標は勝って最終節にリーガ自力優勝する権利を得ることだったが、それを達成することができた」
[PR]
by benny_nieve | 2007-06-11 22:07 | Futbol
<< Marcaチラ見: アンリのバ... Marcaチラ見:メッシドーナ... >>



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism