sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

<   2009年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

マドリードの大江戸線

a0003218_13572369.jpg

いつもはミッチェルが空港にお迎えに来てくれるのだけど、今月いっぱい免停とのことで(2008年3月にやっちまった違反で2009年4月に免停処分になるというのがいかにもスペインらしい)、メトロとバス乗り継ぎで家まで行きました。キャンパス最寄り駅を通ってモンクロアの駅で乗り換えて、、、なつかしいルートでした。

バラハス空港に着いたら、ロストバゲージで荷物無しだったので、メトロでの移動はかなり楽でした。。。

ロストバゲージはイベリア航空のある意味お家芸であることはよく知っていたので、空港での手続きもスムーズに済みましたが、、、こんな形の宅送サービス頼んでないよー。

まもなく視察にマドリ入りするIOCのバゲージはなくさないようにね。
[PR]
by benny_nieve | 2009-04-29 13:57

El Mundoチラ見

a0003218_13275846.jpg

ロンドン-マドリッド便で読んだスペインの新聞。

イベリア航空、Marcaは積んでいませんでした。マドリッド便なら用意してほしいところですが。。。
一般紙だけれど、スポーツ欄は当夜のCLと、今週末のクラシコの話題で持ちきり。

さっそくラウールが出ていてうれしーな♪

ラウールの記事の右隣コラムには先日レアルのカンテラ監督を解任されたミッチェルの来季ヘタフェ監督就任、前のページは見開きチャンピオンズリーグセミファイナル特集。
[PR]
by benny_nieve | 2009-04-29 13:27

Marcaチラ見:ラウール、もう1つのディ・ステファノ超え

今日のMarca見出しは"Raulazo"
「ラウール、ハンパねぇ」「めっちゃラウール」みたいなかんじでしょうか。
小見出しは「タイトルに向かって猛スピード」
a0003218_0511050.jpg

自らの活躍でレアル・マドリードを勝利に導いたキャプテン ラウールの試合後のコメント。

「バルサはリーガをほぼ手中に収めている。しかし我々は彼らを猛追している。一試合一試合、我々はどこまで到達できるのかを追求していきたい」

「我々には信頼があった。この試合は、た易いことなんて何一つなかった。セビージャには苦しめられたけれど、レアルは立ちはだかる逆境の前で、最高の力を出せたと思う。」

「ハットトリックには満足。だが、もっと大切なのはこの勝利だ。今日は高い位置でいつもより多くプレーした。この3ゴールはチーム一丸となってもぎ取った収穫だよ」
a0003218_056413.jpg

「バルサはリーガのトップを走り、偉大なサッカーを実現している。次節のクラシコは大変な試合になるだろう。ホームのベルナベウの雰囲気、我々自身の今の勢いが追い風となって、勝利をおさめたいと思っている」

「(主力選手の欠場という逆境をどうやって克服したか?の問いに)それはレアル・マドリードだからさ。歴史、クラブのエンブレム、そして品格・・・我々は、白いユニフォームに誇りを持たなければならない。今日は全メンバーがそのことをよく感じていたと思う」

「常に我々自身のプレーを信じているんだ」


キャプテンはプレーも言葉もとても力強いですね。
a0003218_0301028.jpg

この試合は、クラブのアウェー連勝記録を8に更新した試合でもありました。
長らく破られなかった7連勝は、60/61シーズンにアルフレド・ディ・ステファノ、ヘント、プスカシュなどが活躍していた時代に樹立した記録。
今シーズン個人の得点記録でディ・ステファノ超えを達成したラウールですが、チーム全体でもディ・ステファノ超えを実現。
生きるレジェンド。ステキです。
[PR]
by benny_nieve | 2009-04-28 00:54 | Futbol

Marcaチラ見:ラウールハットトリック♪バルサに4ポイント差まで迫る!

リーガ・エスパニョーラ第33節 セビージャvs.レアル・マドリッド

ペペが10試合出場停止処分、ロッベン、スナイデルをケガで欠き、ちょっと厳しいチーム状態ですが、、、昨日バルサがバレンシアと引き分けたので、レアルはポイント差を縮める絶好のチャンス。

しかし前半はホームのセビージャペースで、先制はホームのセビージャ、レナト。。。
レアルは前半ロスタイムにラウールが同点ゴール。
後半18分、21分とラウールが立て続けにゴールして、ハットトリック達成。ステキ♪
チームが苦しいときのこの活躍ぶり。
キャプテンの存在は偉大ですね!

レアルは後半ラウール、グティを下げた頃からちょっとおかしくなってきて、ディエゴ・カペルが1点を追加しますが、レアルはマルセロがロスタイムに追加点を入れ4-2でレアルが勝利。
レアルはアウェー試合の連勝記録を8に更新。
バルサとの差は4ポイントと、いよいよ射程圏内に。
リーガの行方はまだまだわかりませんね。

"Queda muchos partidos" "Hay liga"
そうは言うけれど・・・ちょっと無理じゃない?と思うほどの大差をバルサにつけられていた頃から、ラウールはインタビューや会見の場で繰り返し「まだまだこれから」と強調していましたが、本当にそのようになってきました。有言実行。

次節のクラシコがたのしみ♪そして本当に大事な試合です!
明日からスペインに行って、5/2はサンティアゴ・ベルナベウで応援してきまーす。
エキッポ・ブランコ一緒にがんばろーね。
[PR]
by benny_nieve | 2009-04-27 04:01 | Futbol

Marcaチラ見:スペイン代表紅白戦?バレンシアvs.バルサ

リーガ・エスパニョーラ33節バレンシアvs.バルセロナ

リーガ首位独走のバルセロナと、目下好調、3位浮上を狙うバレンシアの注目カード。
スペイン代表の紅白試合みたいで、ちょっとおもしろいかも。

バレンシアほどの相手だと、さすがにやはりバルサもやりたい放題とはいかない様子ですが、、、
しかし先制は23分メッシ。ゴール前でのイニエスタとメッシの狭いスペースのパス回し、スゴイ。
イニエスタの最近の活躍は素晴らしいですね。
ホームで勢いを見せるバレンシアは前半42分~ロスタイムの5分足らずでマドゥーロ、パブロ・エルナンデスの2ゴールで逆転。
メスタージャがメッチャ熱いです。。

バルサは後半途中からアンリを投入して猛追撃。
40分にアンリのゴールで同点に追いつきます。
2-2で勝ち点1を分け合い、バルサ的には苦戦したけれど "aprobado"、バレンシアは目前に見えていた勝ち点3を逃してしまい、ちょっと悔しい結果となりました。

クラシコの次、35節のバレンシアとの対戦も大変そう。。。

レアルは今節はアウェーで3位セビージャと対戦。
前節、劇的な逆転でヘタフェを下すも、ヒューマンリソース的にピンチなレアルがサンチェス・ピスファンでどう戦うのか、注目です。
ポイント縮めてクラシコにつなげてほしーな。
クラシコはサンティアゴ・ベルナベウで応援するからがんばって!
[PR]
by benny_nieve | 2009-04-26 10:38 | Futbol

Marcaチラ見:サンティアゴ・ベルナベウの奇跡&ペペ10試合出場停止

第32節、Pipitaイグアインのロスタイム劇的逆転ゴールでヘタフェからなんとか勝ち点3をもぎ取ったレアル・マドリードですが、、、

カスケロに蹴りを入れて退場処分となったレアルDFペペは、10試合の出場停止と非常に重い処分になりました。Marcaに載った写真を見ると、アルビンのことも殴っていたのですね。。。

勝ち点3以外の選択肢は絶対あり得ない状況で、ヘタフェを追うゲーム展開。ヘタフェFWアルビンが勝ち越し点をマークしたときは、レアルの選手たちの表情もかなり焦燥感があふれていました。グティの芸術的FKで同点に追いつき、これから!という場面でのペペの暴力的行為。あれはフットボールではなかったなあ。。。
試合の流れ的には、カスケロ・・・サッカーやめたほうがええんちゃうか?肩ポンポン、的ヘナチョコPKに救われましたが。。。

一方、マルセロもカタ・ディアスと試合中に小競り合いがあり、試合終了直後にカタ・ディアスを挑発、あわや乱闘?となる直前で両者チームメイトに止められ、事なきを得ましたが、マルセロはロッカールームに下がった後ラウールに「レアル・マドリッドの選手ならあんな態度はいけないよ」とたしなめられたそうです。というわけで、後日ゴメンナサイ会見。
よーく考えよう。本当に大事な試合はこれからです。

なんというか、同じくwowowで放送している格闘技エキサイトマッチよりも、ある意味エキサイティングな試合となりました。

クラシコ以来、毎週背水の陣で何カ月もやってきて、フィジカル、メンタルで疲れを見せる選手がここにきて増えてきました。
クラシコ直前、今週末のセビージャ戦も大丈夫?
今のチーム状態ではちょっと心配。
前節のスナイデルに引き続き、ロッベンも負傷、フンテラールもビミョウにいたんでるらしいし。。。

セビージャを知り尽くしたフアンデ采配が頼みの綱ですね。
そして、こんなときこそ、、、キャプテンの見せ場じゃない?
[PR]
by benny_nieve | 2009-04-25 12:25 | Futbol

キットカットとちおとめ

キットカット栃木限定とちおとめ味。
Tるちゃん、ありがとー♪
a0003218_939334.jpg

[PR]
by benny_nieve | 2009-04-25 09:39 | Snapshots

HIBARI@富ヶ谷

数年前からこのお店の存在には気づいていたけれど、、、入ったのはこの日が初めて。
HIBARIは和食とワインを気軽にたのしめるステキなお店でした。

春らしい菜の花とのれそれの酢の物、焼き帆立と揚げ豆腐サラダ生海苔ドレッシング、きれいな出汁巻き、梅ジュレ添えのお刺身など、どれもなかなかおいしかったです。
a0003218_10513991.jpg

ピーター・レーマンのリースリング。カジュアルだけどキレイな味で、HIBARIのお店の雰囲気やお料理に合っていました。
a0003218_11145063.jpg

このあとは上原までちょっとお散歩してFireking Cafeへ。

ステキなジョシTるちゃんとグータンヌーボなEBJガールズトークをたのしんだ代々木八幡&上原ディナーでした。
[PR]
by benny_nieve | 2009-04-24 11:00 | トーキョーグルメ

「ヒロシニコフとトレチャコフ」噛まずに5回言えるかな?

ヒロシニコフとトレチャコフ美術館展に行きました。

トレチャコフ美術館はモスクワにあるロシア国立美術館。
コレクションの中から19-20世紀ロシア絵画の主要作品をピックアップしたこの展覧会の目玉作品はイワン・クラムスコイの"An unknown woman"です。
a0003218_127197.jpg

黒い外套を纏った貴婦人のポートレイトですが、近くでよく見ると、布地やファーなど、素材ごとの質感の違いの描写が素晴らしい作品でした。

CA4LAとのコラボ企画でladyが着用している帽子を再現したものもミュージアムショップで限定発売中。ステキですね。

開催場所がBunkamuraザ・ミュージアムだったので、ランチは松濤のポルトガル料理「マヌエル」で。
この日のメニューはポロ葱の小さなスープ、バカリャウ(干し鱈)のクロケッタ、スペアリブ。そしてメニューにはなかったけれど、たこのサラダを作ってもらいました。
ワインは、ビーニョベルデ、ドウロ、アレンテージョなどをグラスで少しずつ。
a0003218_129243.jpg

夕方ヒロシパパは仕事があったので、夜からまた丸の内のヴァンピックルで合流してフレンチBBQ大会。今度はチカチュウも参加。
a0003218_12819100.jpg

茄子、ホワイトアスパラ、いつもの串焼きセット、クロワゼ鴨etc.
シメはいつもの高貴なプリン。
白は異色のマコン、赤はアンリ・ノーダン・フェラン?のオー・コート・ド・ボーヌ。
a0003218_12101544.jpg

ロシア→ポルトガル→フランス
パスポート無し、陸路(東京メトロ)で欧州歴訪の旅をたのしんだ一日でした。
[PR]
by benny_nieve | 2009-04-20 12:18 | トーキョーグルメ

Marcaチラ見:セルヒオ・ラモス、試合を抜け出したことを謝罪

先日の30節バジャドリード戦@サンティアゴ・ベルナベウを試合中に抜け出して、お友達の闘牛士が出演している闘牛を観に行ってしまったDFセルヒオ・ラモス。
許可を得ての行動ではなかったようで、今週火曜日に記者会見を開き、謝罪しました。

「悪意はなかった。ファンやチームメイトを不快にさせるような行動だったとしたら、申し訳なかったと思う」
「クラブが適当と判断するならば、きちんと責任を取っていかなる処分も受けます」

ベンタスの闘牛場に行ったのは事実。
ミゲル・タラベラというお友達の闘牛士を応援しに行ったらし。
セルヒオ・ラモスの言い分では、スタジアムを抜け出したのはハーフタイムではなくて後半終了10分前だったようですね。

セルヒオ・ラモスは元々お友達思いな性格でもあります。
EURO2008優勝時にも、表彰式でセビージャ時代の同僚・故アントニオ・プエルタの顔写真と"Siempre con nosotros"のメッセージを入れたTシャツを着用していて。。。ココロ優しいイイヤツだと思うのですが。

今回の件は、「召集外の選手は試合開始時にはスタンドに出席しなければならない」というクラブ規定はクリアしていると思いますが、この規定だと、どこまでがスタンドにいる選手たちの就業時間かがイマイチ曖昧な気もします。ベンチ入りしている選手の場合は、キックオフ後ロングホイッスルが鳴るまでの90分(+α)は、就業時間ということになりますが。。。

いずれにせよ、ベンチ入りしなくても、ホームのスタンドに揃った召集外の選手たちのことは多くの人々が注目しているし、何台ものカメラが常にその一挙一動を追っています。ピッチの外でもやはり選手は選手。見られていることを忘れてはいけません。白いユニフォームに袖を通す者の宿命ですね。

必死でバルサを追う立場である今のレアルのシチュエーションと、ファン心理についても、もう少し考慮すべきだったのでしょう。 確かに、その日彼が抜け出す頃にはロッベンの追加点で試合がほぼ決まっていたとはいえ。。。

WBCのとき、川崎ムネリンが「僕はベンチにいても(気持ちは)試合に出場しているんです!」と言っていましたが、セルヒオ・ラモスもそのくらいのプロフェッショナリズムがないとね。

この会見以降、処分の続報は出ていないようなので、別に誰もそんなに怒ってはいないと思いますが、、、どうなのでしょうか。

こんなことでメディアに刺されるほどスキだらけのセルヒオ・ラモスですが、ピッチの上ではスキのないディフェンス&攻撃参加を見せてほしーな。
[PR]
by benny_nieve | 2009-04-18 09:57 | Futbol



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism