sin titulo (=無題)

スキー&スノーボード2004-2005

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

El Paisチラ見:間取愚連隊?ベンゼマM-40で時速216kmスピード違反

宿敵バルサを下しての国王杯決勝進出・・・というマドリディスタ的にはめでたいニュースの陰で、El Paisの報道によると、2月3日にベンゼマがスピード違反をしていたらし。
時期的には、グラナダでのアウェーゲームでCR7のオウンゴールにより敗戦を喫した直後にあたります。

環状道路M-40のポスエロ・デ・アラルコン付近のカメラにベンゼマのアウディが写っており、推定時速は約216km。M-40(エメ・クアレンタ)は空港やバルデベバスのレアルの練習場のすぐ近くも通る、市内をぐるっと囲む環状道路です。
今週火曜日に裁判所への出頭要請があったようですが、カンプノウでの国王杯準決勝2ndレグにベンゼマが召集されたため、延期になったそうです。それもあってクラシコではずっとベンチだったのかな。

ベンゼマのケースは、スペインでは最大で禁固6ヶ月が課される可能性もあるそうです。

ちなみに、レアルがリースしているポルシェも時速260kmで検知されており、そちらは誰が運転していたかは今のところ不明らし。ポスエロ・デ・アラルコンの中でも超セレブ地区なラ・フィンカ付近の地点で検知されたそうです。ここはレアルの選手や監督が多数居住することで知られている地区。こちらの件も、そのうち明らかになるのでしょうか。

ベンゼマはちゃんとスポンサー支給のアウディに乗っていたので、ある観点においてはマシなのかも?法規違反はもちろんいけないことですが。

ちょっとヤンキー体質な最近のエキッポブランコ。
ベスト・パフォーマンスは道路じゃなくてピッチで夜露死苦


----
追記:

後日マルセロが練習場からの帰り道、免許のポイントがないのに運転していたということで、こちらも摘発されました。ベンゼマの一件のすぐ後にやらかすとは・・・なんてガードの甘いDFなんだ。

道路より ピッチを走ろう マドリッド
[PR]
by benny_nieve | 2013-02-28 08:00 | Futbol

Marcaチラ見:スペイン国王杯準決勝クラシコ - Low Risk, High Performance Varane

戦力的にかなり分のなかった1st legをなんとか1-1で折り返したレアル・マドリード。
2nd legでは集中力の高い守備、正確な高速カウンターという自分達の持ち味とスタイルの最高の部分を出し、昨年の国王杯覇者バルセロナを圧倒しました。

これが自分の好きなマドリーだと、多くのマドリディスタが思うようなゲーム内容だったのではないでしょうか。
a0003218_20102476.jpg

2点目のディマリアとCR7怒涛の高速カウンターは・・・アニメの世界ですね。
今日はクリロナがたのしそうにプレーしてたのが印象的。
いいことです。

今日はレアルの方が自分達らしさを発揮したゲーム運びができていたと思います。バルサは、攻撃ではレアルの守備にはまりシゴトできず、時間に追われ得点機会を求めて前がかりになればなるほど守備が手薄になり、SBの裏を取られるという負のスパイラル。イニエスタの存在感はあったけれど、メッシは輝かず・・・
おじゃマジェンコ事件などもありましたが、全体的に考慮すると妥当な結果だったと思います。

エースCR7と並んで試合のキーとなったのはヴァラン。
攻守にわたる活躍で、1stレグの活躍は単なるラッキーではなかったことをこの試合で証明しました。

ヴァラン起用のメリットはlow risk, high performance.
ぺぺとラモスは頑張りが裏目に出てカードをもらいがちですが、ヴァランはプレーが綺麗。だから危うさを併せ持つラモスと組むなら、ぺぺよりヴァランのほうが安心。でもって、飛べばヘディングの到達点はピケのさらに頭ひとつ上!人間離れしたどえりゃー跳躍力です。そのうえ俊足と、全てを兼ね備えた選手。
こんな若手の逸材がレアルにいてくれて本当にうれしーな♪
a0003218_20145646.jpg

リーガではアンダルシアの傷心アウェーゲームがたたり、トホホな3位ですが、国王杯はなんとかファイナルに進み、タイトル獲得の夢は春もまだまだ続く見通し。

オールドトラフォードでも、今日のようにできれば、CLでも希望の光が見えてくるでしょう。
2点は取らなくちゃね・・・簡単ではなさそうですが、がんばろー。
[PR]
by benny_nieve | 2013-02-27 18:30 | Futbol

Marcaチラ見:カセイfu・・・いや、カジェホンは見た。有吉メッシ事件

両エースは不発に終わったスペイン国王杯準決勝のクラシコ。

試合後、メッシがベルナベウの駐車場でアルベロアを待ち伏せして「マヌケ野郎」(bobo)とか、ロッカールームからピッチまでの通路でレアルのカランカ副監督に「モウリーニョのお人形サン野郎」(mun~eco)とか、毒を吐きまくったという有吉メッシ事件が発生。一部の報道では、レアルのロッカールームに向かって唾を吐いたという説も。ただし、これは残っている映像でははっきりとは検証できないらし。

カジェホンは試合後の記者会見で、カランカの場面は自分も見たと発言。

メッシは後半、特にアルベロア、それからシャビアロンソとコンタクトがあり、イラついてた様子でした。結局この日は決定的なシゴトには関われず。試合後は足早にピッチを去って行ったけれど、まさか・・・アウェーの駐車場で待ち伏せとはね。

「アルベロア・・・オマエが4つ持っているものなんて、クルマのタイヤだけやろぉ?」
※フィクションです


ペペがいなかったので、ブスケツとの劇場合戦はなかったのですが(ブスケツは物足りなさを感じてたかも・・・)、プレーが止まったシーンでアウベスがCR7にボールを蹴りつけたり、小さなイザコザがあちらこちらにありました。

カジェホンは会見の席上、以前モウリーニョ監督がカンプノウの駐車場で審判を待ち伏せしてガン飛ばしをした件について記者から尋ねられ、「あれは別だよ。チームバスを待つためにあそこにいたし、何も言わなかった」と回答。
チーム分裂で四面楚歌、と言われていますが、、、モウにおんぶまでできちゃう柳沢慎吾は、今もちゃんとミステル(mister)の肩をもつんだなあ。

今のところメッシ本人は、この件についての言及は避けており、バルサ側も否定しているようです。

この試合、レアルはちょっと厳しい状況だと思っていましたが、そんな中でとてもよかったのはヴァラン。最初ジダンが連れてきたときは何でかなと思ったけれど、なるほどねと思わせる活躍ぶりでした。
飛べば高いし、走れば速い。
試合後ピッチからの去り際に、同じCBのプジョルに自分から歩み寄って行って握手してたのがいいシーンでした。近年のクラシコはイザコザが多いから、たまにはさわやかな場面も観たいものです。
10代にしてクラシコの大舞台でマドリディスタに認められた選手なんて、ラウール先輩以来かも。
[PR]
by benny_nieve | 2013-02-02 17:12 | Futbol



ラウールファン歴18年目のヤマトナデシコによるスペインサッカー新聞Marca(マルカ)記事クリッピング、旅行、グルメ、レシピetc.
by benny_nieve
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
フォロー中のブログ
My Favorite Sites
検索
タグ
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism